株主優待長期保有対策、端株保有リスト(2018年10月)

保有期間に条件付きの株主優待が増えました

様々な目的で端株を握っています。以前は長期優遇など「そんな気が長い話、知らんがな」と見向きもしませんでした。ところが歳を取ったのでしょう、数年程度の条件は「すぐじゃん!」と思うようになりました。ジャネーノ法則は正しいようです。

スポンサーリンク

保有の目的

銘柄により保有目的が違います。

長期保有条件付きの対策

株主優待の権利取得の条件として、「同一株主番号で〇回連続で株主名簿に記載されること」といった文言が目立ち始めました。端株でOKな銘柄、単元数の保有が必要な銘柄、様々です。

長期優遇対策

「〇年以上保有の場合は・・・」のような、長期保有者は優待内容がアップグレードされる銘柄があります。

保有株式(単元)売却対策

保有している優待銘柄を売却した場合、株主番号が変わるのを防ぐ目的です。銘柄次第ですが、端株で長期保有認定が継続される保証はありません。

クロス忘れ対策

毎回クロスするだけで長期認定される銘柄が少なくありません。そのような銘柄でクロスを忘れたり何らかの事情でクロスできなかったり、保有の空白期間を作らないための対策です。

 

出口戦略とデメリット

出口は考えていません。

先々どうするのか?

売却予定はありません。わずか1株なので1銘柄あたり数百円~数千円。上げても下げても握りっぱなしで放置します。

郵便爆弾の燃料になります

優待族は避けられない事象です。我が家の場合、多い月には200通を超える郵便物(主に封筒)が届きます。ポストは郵便物を差し込むタイプ(ドアポスト)で大量の郵便物を受け入れるにはキャパ不足です。3月や9月決算企業が多いのでその3か月後は、何らかの対策が必要となっています。

 

保有リストと詳細

詳細は最新情報を確認してください。間違いの可能性や、変更もありえます。

タマホーム(1419)

※3年以上継続保有の場合(1)・(2)は10割増

コシダカHD(2157)

※3年以上継続保有の場合金額は2倍。

コア(2359)

※1年以上継続保有の株主のみに贈呈

アナマ(2402)

※1年以上3年未満継続保有の株主には2kg、3年以上は4kgの新米追加

ワッツ(2735)

※100株以上1,000株未満を3年以上継続保有の株主にも贈呈

ラサ商事(3023)

※1年以上継続保有の場合1,000円相当

メディアスHD(3154)

※1年以上3年未満継続保有の場合1,000円増、3年以上継続保有の場合2,000円増

クリエイト・レストランツHD(3387)

※200株以上を1年以上継続保有の場合1,500円相当を追加

フェリシモ(3396)

※1年以上10年未満継続保有の株主には3,000円相当、10年以上は8,000円相当

クラレ(3405)

(12月のみ)
※3年以上継続保有の場合10,000円相当

ファーストブラザーズ(3454)

※1年以上継続保有の場合、100株以上200株未満の株主には2,000円相当、200株以上は4,000円相当

AGS(3648)

(3月のみ)
※1年以上継続保有(3月・6月・9月・12月の株主名簿に連続5回以上記載)した株主のみに贈呈

(9月のみ)
※1年以上継続保有(3月・6月・9月・12月の株主名簿に連続5回以上記載)した株主のみに贈呈

明光ネット(4668)

※3年以上継続保有(8月および2月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合2,000円増

シーボン(4926)

※カタログより選択。1年以上3年未満継続保有の場合、100株以上500株未満の株主には10,000円相当、500株以上は20,000円相当。3年以上継続保有の場合、100株以上500株未満は12,000円相当、500株以上は24,000円相当

東京特殊電線(5807)

※18年3月以降起算して1年以上継続保有の場合5,000円相当

ジーテクト(5970)

※1年以上3年未満継続保有の場合2,000円相当、3年以上は3,000円相当

パイオラックス(5988)

※3年以上継続保有の場合1,000円相当のクオカードを追加

KeePer技研(6036)

 *継続保有期間 6ヶ月以上の株主様に対し、優待カードおよびクオカードを贈呈いたし ます。

バリューHR(6078)

※カフェテリアポイント付与は1ポイントで1円相当。1年以上3年未満継続保有の場合、100株以上200株未満は1,000ポイント増、200株以上1,000株未満は2,500ポイント増、1,000株以上は2,000ポイント増、3年以上継続保有の場合、100株以上200株未満は2,500ポイント増、200株以上は5,000ポイント増

フロイント(6312)

※1年以上継続保有した株主のみに贈呈。3年以上継続保有の場合2,000円相当

新東工業(6339)

※3年以上継続保有の場合1,000円相当を追加

サムコ(6387)

※2年以上継続保有(1月の株主名簿に同一株主番号で連続3回以上記載)の場合2,000円相当

アイコム(6820)

※2年以上継続保有の場合、ギフト券に代えて100株以上500株未満の株主は自社製品クーポン券5,000円相当、500株以上は同クーポン券10,000円相当を選択可

ユーシン(6985)

※1年以上継続保有の場合2,000円相当、2年以上継続保有の場合1,000株以上の株主は3,000円相当

河西工業(7256)

※1年以上継続保有の場合クオカードは1,000円増

ヨロズ(7294)

※1年以上3年未満継続保有の場合1,000円増、3年以上継続保有の場合2,000円増

松田産業(7456)

※1年以上継続保有の株主のみに贈呈

魚力(7596)

※3年以上継続保有(9月および3月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合、100株以上300株未満の株主は1,000円、300株以上600株未満は2,000円、600株以上1,000株未満は3,000円、1,000株以上は4,000円増

フジコーポ(7605)

※1年以上継続保有の株主のみに贈呈

宝印刷(7921)

※3年以上継続保有(株主名簿に連続4回以上記載)の場合、100株以上2,000株未満の株主には2,000円相当、2,000株以上は3,500円相当

ツツミ(7937)

(3月のみ)
※3年以上5年未満継続保有の株主には3,000円相当、5年以上は5,000円相当

OUGHD(8041)

※21年9月以降は、18年9月以降起算して継続保有期間が3年未満の場合、100株以上500株未満は2,000円相当、500株以上は4,000円相当を贈呈。継続保有期間が3年以上の場合、100株以上500株未満は4,000円相当、500株以上は8,000円相当を贈呈に変更

トーホー(8142)

※20年以降は100株以上は買物割引券(100円)50枚または1,000円相当の寄付より選択に変更。1年以上継続保有(株主名簿に連続3回以上記載)の場合、200株以上400株未満は買物割引券(100円)200枚または同100枚および自社選定製品または自社選定製品または2,000円相当の寄付、400株以上は同400枚または同200枚および自社選定製品または自社選定製品または4,000円相当の寄付より選択に変更

千趣会(8165)

※100株以上を1年以上継続保有した株主には、保有株数および保有年数によりカタログ買物券を上記に加えて贈呈(対象:12月株主)

上新電機(8173)

全株主 買物優待券

興銀リース(8425)

※1年以上継続保有(3月末の株主名簿に同一株主番号で連続2回以上記載)の場合4,000円相当

リコーリース(8566)

※1年以上3年未満継続保有(株主名簿に連続3回以上7回未満記載)の株主には4,000円相当、3年以上継続保有(連続7回以上記載)の株主には5,000円相当

オリックス(8591)

(3月のみ)
※3年以上継続保有の場合、カタログの内容は異なる

JPX(8697)

※1年以上2年未満継続保有の場合2,000円相当、2年以上3年未満継続保有の場合3,000円相当、3年以上継続保有の場合4,000円相当。ただし、移行措置として17年9月時点で保有の株主については、継続保有期間が2年以上になるまで3,000円相当を贈呈

イオンモール(8905)

※3年以上継続保有(2月および8月の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合、1,000株以上2,000株未満は2,000円相当のイオンギフトカード、2,000株以上3,000株未満は4,000円相当、3,000株以上5,000株未満は6,000円相当、5,000株以上は10,000円相当を追加

ファースト住建(8917)

※1年以上継続保有(10月および4月の株主名簿に連続3回以上記載)した株主のみに贈呈

JAL(9201)

(3月のみ)
※3年以上継続保有(株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合、300株以上1,000株未満の株主には1枚、1,000株以上10,000株未満は2枚、10,000株以上は3枚追加

(9月のみ)
※3年以上継続保有(株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の場合、300株以上1,000株未満の株主には1枚、1,000株以上10,000株未満は2枚、10,000株以上は3枚追加

近鉄エクスプレス(9375)

※1年以上継続保有(株主名簿に連続3回以上記載)の場合、100株以上500株未満の株主には2,000円相当、500株以上1,000株未満は2,500円相当、1,000株以上5,000株未満は3,500円相当、5,000株以上は6,500円相当

ナガワ(9663)

※1年以上2年未満継続保有の場合、100株以上500株未満の株主にはクオカード6,000円相当、500株以上は10,000円相当、2年以上継続保有の場合、100株以上500株未満は8,000円相当、500株以上は15,000円相当

日本管財(9728)

※3年以上継続保有の場合3,000円相当

オートバックス(9832)

※1年以上継続保有した株主のみに贈呈。3年以上継続保有の場合、300株以上1,000株未満は8,000円相当、1,000株以上は13,000円相当

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

株主優待
スポンサーリンク
カーボをフォローする
投資のすすめ

コメント

  1. せい より:

    いつも有意義な情報非常に助かっており感謝いたします。
    今回記載されておられるリストについて質問させていただきます。
    長期保有の条件におっしゃるとおり、株主番号が同一ということがほぼ共通した条件のようですが、このほかに単元も条件としている銘柄もあるようです。今回のリストの銘柄は基本的には端株対応で条件を満たすものなのか、それとも、単元も条件なのでしょうか。単元が必要となると、半期もしくは四半期ごとに空クロスを入れる必要がありますよね。企業のIR等では明確に示しいるところもありますが、はっきりしないところもあります。
    わかる範囲でご回答いただければ幸いです。

    • カーボ より:

      こんにちは。

      コメントありがとうございます。
      記憶の整理を兼ねて、自分用に保有銘柄リストとして作成しました。
      間違った情報提供がないように、証券会社の備考をそのままコピペしています。
      今後、順に条件の詳細を加筆したいと思います。

      • せい より:

        カーボ様
        早速ご丁寧なご回答誠に恐れ入ります。
        私なりに調べたところ、単元について明確に明示している場合を除き単元が必要かどうかは文言からは基本的には「わからない」ということでした。
        株主番号には触れているが単元が必要か触れていない場合はどっちでも取れるということのようで、最終的に実際にやってみないとわからないようです。
        もしかするとIR窓口に問い合わせすると教えてくれるところがあるかもしれませんが。
        何かわかりましたらまたコメント差し上げます。

        • カーボ より:

          おはようございます。
          手探りなので明示のしようがなく申し訳ございません。
          企業ごとに判定の根拠と説明がバラバラです。
          確認が面倒なので、ダメもとで買った銘柄もあります。
          IRも正確な情報が返ってくるとは限らないので困ったものです。