LIBMOよりお得?TOKAIホールディングス(3167)のTLC WAONカードをお得に使おう

WAONポイントをお得に使おう

スポンサーリンク

TOKAIホールディングスの株主優待を確認します

各コースの特徴

Aコース

天然水は、水を買っている場合はお得です。買ってくると重いし、配達込みと思えば尚更です。

Bコース

当たり障りがないのはクオカードでしょう。額面は100株保有で500円と控えめです。

Cコース

ヴォ―シエルお食事券は、九州の私には使い道がありません。おいしくサービスもよいレストランと聞いたことがあります。

Dコース

TLCポイントは100株保有で1,000ポイント。WAONポイントと交換できますのでこれが一番お得に思えますが、TLCグループ会員向けのサービスであり、【注意】に以下の但し書きがあります。

TOKAIグループが提供するサービスをご契約の方またはTLC会員が対象となります。

端的には、画像にある「ガス」や「インターネット」の契約がなければDコースは選択できません。残念!でも、あきらめないぞ!

特別コース

格安スマホサービス、LIBMO(リブモ)です。1年間無料(実際には少しだけお金がかかります)で10分かけ放題+データ通信3GBを利用できます。私は実際に契約しました。詳しくはこちらをどうぞ。

TOKAIホールディングス株主優待 格安モバイルLIBMOを契約しました
TOKAIホールディングスの株主優待にコースが新設されました。 格安モバイル LIBMO 1年間無料コース新設 当社は2017年2月23日より、安心・格安・サポート充実のスマホサービス「LIBMO」の提供を開始しました。この度、LIBM...

一番お得なのは?

TLC会員以外であれば、クオカードか天然水を選ぶことになりそうです。ただ、それでは面白くありません。クオカードは500円、TLCポイントをWAONポイントにすれば1,000円。田舎者(サービス地域外)を理由に黙って損するのも癪です。

TLCポイントをもらう方法は無いのか?

鋭い読者さんは、そろそろ「ははーん、ひと工夫すればもらえるんだな!」とお気付きでしょう。正解です!

それでは、どのようにすればTLC WAONポイントをもらえるのでしょうか?

TLC WAONカードをゲットしよう!

このカードを手に入れれば、ミッションコンプリートです。優待申し込みのたびに「TLCポイント」を選択、WAONポイントとしてイオン系列店で有効利用が可能となります。

TLC WAON カードを手に入れる方法

LIBMOを契約!

LIBMOを契約するだけ、簡単です。LIBMOを契約して数週後、TLC WAONカードの申込書が郵送で届きました。更に申し込みから数日後、WAONカードが届きました。

LIBMOの契約は4,000円程度(1年間の総コスト)かかるので、通信契約が不要な場合はお勧めできません。(私はデータ通信用のSIMとして重宝しています)

LIBMO解約後はどうなるのか?

会員向けサービスの利用者限定のカードですから、LIBMO解約後はどうなるのかTOKAIホールディングスに問い合わせました。結論は、解約後も問題なくカードを利用できます。一度発行したWAONカードは、解約しない限りずっと使えるそうです。

カードは家族に1枚で十分!

我が家では、TOKAIホールディングスの優待を2名もらっています。カードは1枚しかありませんが、同居家族であればTLCポイントは1枚のカードに付与できることを確認しました。

ということは、家族2名で100株保有の場合、1,000ポイント×2(人)×2(年2回)=4,000ポイントの付与が可能です。これはありがたい!

LIBMO契約を済ませた方へ

TLCサービス地域外の方は、LIBMOの契約があるうちにカードを発行しておきましょう。発行は無料、6月は300ポイントプレゼントがありました。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

株主優待
スポンサーリンク
カーボをフォローする
投資のすすめ

コメント

  1. ここ より:

    カーボさん、こんばんは。
    そんな手があったのですね。
    わたしは素直にクオカードにしました。
    ただ、記事を読んで、夫がガラケーなので、LIBMOに変えたらいいかと思いました。
    その場合スマホ本体をどこかで調達する必要があるのですよね?
    それと、1年後解約手数料はかからないのでしょうか?

    格安スマホは2年後急に値上がりするので、2年ごとに他に乗り換えるのがいいと聞きました。
    その後使い続けてもずっと1880円なら、お安い気もしますがどうでしょう?
    わたしは2GBでも余っていますので、3GBは多すぎるくらいです。

  2. カーボ より:

    おはようございます。

    優待の格安プランに端末代は含まれないので、別途調達しなければなりません。
    特にこだわりがなければ、型落ちの中古で十分です。5千円~1万円程度です。

    旦那さんの主回線(ガラケー)をLIBMOへ変更はおすすめしません。
    LIBMOは1年で解約(手数料はかかりません)前提なので、
    以降も同じ番号を使いたい場合は面倒でお金も少しかかります。
    番号を変えるわけにはいきませんよね?

    ずっと1,880円/月については、普通に考えると安い部類でしょう。
    ただ、私の主観では高い!

    旦那さんのガラケーはどちらでしょうか?スマホへ機種変更を検討中でしょうか?
    ここさん家の状況(都合)はわかりませんが、
    1本の回線で賄うなら、UQやYモバイルあたりが安くて使いやすいと思います。
    例えばUQ、iPhoneSEをタダでくれて、毎月の料金も格安です。
    http://yharuno.jp/main/download/2660/

    携帯電話の料金は複雑で難解、変な契約をすると大損!
    慎重に検討してください。

    (追記)
    記事ですすめておいて、コメントではすすめない。混乱しますよね?

    大人の主回線ではなく、番号に制約がない子供用や緊急用、予備には最適です。
    毎年契約と解約を繰り返すこともできます。

    我が家では主に私のデータ通信用で、お出かけや緊急時には子供に持たせます。
    固定回線フレッツ光の障害発生時に予備の回線としても使えます。

    ニーズが合えば、間違いなくお得です。

  3. ここ より:

    カーボさん、ありがとうございます。良く分かりました。
    夫はガラケーで不自由を感じていないのですが
    自分がスマホに変えて、結構便利なので勧めているところです。
    夫はau、私はYモバイルなので、夫からの電話連絡はauが有料、
    夫からのCメールはYモバイルが有料になるので
    スマホでラインを使えると便利かと。
    まぁ、ほとんど連絡してこないので、ガラケーの基本料は安いので
    本人が入らないと言っているので無理強いしないことにしますね。
    いつもありがとうございます。

  4. kn より:

    カーボさん、はじめまして

    TLCポイントを貰える裏技の提供をありがとうございました。

    TOKAIホールディングスの株式は、数年前から保有していした。
    TLCポイントを貰う方がお得なのは分かっていましたが、サービス提供エリア外だったので、優待はクオカードを選択していました。

    今回、カーボさんのブログを読んで、サービス提供エリア外であっても、LIBMOを申し込めばTLC会員になれることを知ったので、直ぐに申し込みました。
    TLC WAONカードも送られてきたので、今後はTLCポイントを貰えます。

    今回は、株主通信に同梱されていた株主アンケートは間に合いませんでしたが、次回からは優待4000ポイント/年+1000ポイント/アンケートの5000ポイント貰えるのではと楽しみにしています。
    更に、TLC会員のHPでもTLCポイントを貰えるキャンペーンがあるので、併せて楽しみです。

    ちなみに、LIMBOは、docomoのdtabでデータ通信専用で使用しています。

    今回のTOKAIホールディングスの優待拡充で、LIMBO優待が常設されたので、内容によっては継続してもと考えています。

    今後も、優待情報を楽しみにしています。

    • カーボ より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。

      数年前でしたら300~500円の頃でしょうか。含み益がタップリ乗っていることでしょう。
      私もクオカードを選択していましたが、TLCカードは偶然の産物でラッキーでした。
      まだまだお得な優待利回り、一般信用は人気がないのが不思議です。