チムニーの優待券、絶対に(いや、恐らく)お得な使い方

チムニーより優待券と食事券が到着!

6月23日、郵便で届きました。郵便屋さん、いつもありがとうございます。

家族2名で権利取得、食事券15,000円相当(500株保有)と優待券5,000円相当(100株保有)です。

スポンサーリンク

優待券と食事券の違い

優待券

100株保有でもらえます。赤い券です。500円券×10枚(5,000円相当)ですが、1人1回の食事に1枚しか利用できません

食事券

500株保有でもらえます。青い券です。500円券×30枚、15,000円相当です。利用制限はありません。

優待券は使いにくい?

優待券(赤)は食事券(青)より利便性で劣るのは間違いありません。どちらでも貰えるのならば「食事券」をもらいたいところですが、

  • 500株も保有できない
  • 一般信用の在庫不足で100株しかクロスできなかった

といった事情により、我が家のように「優待券」+「食事券」となる場合もあるでしょう。利用制限がある優待券、どうしましょうか?

食事券と優待券、同時使用は可能です!

優待券(赤)を余らせない利用方法です。

我が家は4人、利用方法のシミュレーションです。

今我が家にあるのは、優待券5,000円と食事券15,000円。余ると困るのは優待券。

4人で10枚の優待券を使い切るには、3回の食事が必要。

15,000円の食事券を3回で使い切るには、一度に5,000円使えばよい。

支払額の目安は以下のとおり

食事券5,000円+優待券2,000円(4枚)=7,000円

ですから、4人なら7,000円程度を目安として食事をすると、優待券を無駄なく使い切ることができます。4人で7,000円、大人4人なら厳しい予算ですが、大人2人+子供2人なら丁度その程度の額になりました。

家族4人、さかなや道場で軽く食事で約6,000円。味が濃いのであっさりしたものを食べたくなり、はま寿司へ(約3,000円)、帰りにミスドでドーナツ。女性陣は1か所でおなかいっぱい食べるよりも、ハシゴしたほうが満足度が高いようです。

ランチで有効利用

少々厄介な優待券(赤)も、ランチなら有効活用が容易です。ランチの価格は600円前後、優待券1枚+少額の追い金で支払いです。

こちら(チムニー公式HP)から「ランチ」で検索すると、ランチメニューがある店舗が簡単に見つかります。

昨年は優待券が余りそうだったので、関東の親戚に送りつけました。近所に店舗があっちこっちあるらしく、安くておいしいランチを食べたそうです。(こちら九州の店舗では、ランチの扱いがありません。残念!)

コメント