日本ビューホテル(6097)優待取得お得度の考察

株数と貸株日数によるお得度の考察です

16日(月)以降放出があればクロスをしようと思い、先日のくらコーポレーション(2695)と同様に考えてみました。

貸株日数は16日(月)の争奪戦参加、17日(火)約定で12日。最短は24(火)約定で5日です。

見方はくらコーポと同様ですので、詳細説明は省きます。

スポンサーリンク

収支からの考察

  • 株数別の益(円)とコスト(円)です。
  • グラフは、上の3本が益、下の3本がコストです。

  • きれいに株数の順に並んでいます。
  • 特筆すべき点はありません。

コストからの考察

  • 優待取得1,000円あたりのコストです。

  • 100株のお得度が際立ちます。可能であれば、家族の協力を仰ぎましょう。
  • 300株と500株のお得度は大差ありません。やや300株がお得ですが、余力次第でどちらでも。
  • 余力が余っているようでしたら500株も悪くありませんが、楽天証券以外も品薄ですので放出数次第です。

まとめ(主観です)

100株狙いなら、引っ張る必要はなし。1週間後の最終日にクロスできたとしても、コスト差は僅か59円です。100株クロスが一番お得!これだけ頭に入れておけば十分ではないでしょうか。

先日13日(金)の放出数量は700株、厳しい戦いとなりそうです。カブコムも5,700株(47倍)と激戦でした。

ここを狙っている方は、きっと初日から狙っていることでしょう。カブコムの倍率や楽天の在庫数量から考えても、初日から取れるまで狙うだけの単純作業と思われます。記事にしておいてアレですが、計画もへったくれもないですね。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

株主優待日記
スポンサーリンク
カーボをフォローする
投資のすすめ

コメント