日本BS放送(9414)より株主優待が到着(11月16日)

スポンサーリンク

2月8月期の優待銘柄です。権利日(8月末日)より2カ月半経過、11月16日郵便で届きました。

1単元100株を長期保有中、2000円相当の「ビックカメラ商品券」を受け取りました。

更新日

17/10/20

権利確定月

2月 8月

権利付最終日

次回:2018/02/23 前回:2017/08/28

URL

http://corp.bs11.jp/ir/stock/yutai.html

優待内容名

優待獲得株数

備考

1,000円相当の「ビックカメラ」商品券

100株以上

※ビックカメラグループで利用可
※1年以上継続保有(株主名簿に連続3回以上記載)した8月株主には1,000円相当を追加

(ご利用店舗)ビックカメラ コジマ ソフマップ ビックアウトレット ビック酒販 AirBIC

  • 8月株主の長期保有(1年以上)株主には優遇がありますので、クロスで獲得している場合は途切れないように注意が必要です。貸株も要注意です。
  • 商品券に期限はありません。数期分をまとめて使うことも可能です。
  • 配当は1800円(配当利回り1.51%)、長期保有の商品券は年間3000円(優待利回り2.39%)、トータル利回りは3.9%(桐谷ルールの4%には微妙に届きませんが)と優秀です。(2017.11.16の終値、1252円で計算)

取得コスト他

  • 長期保有の優遇が厚いので、単元100株を長期保有がいいのではないでしょうか。
  • 制度信用、一般信用、どちらでもクロス可能です。
  • 逆日歩は2016年8月の一度だけ12円(100株で1200円)とそこそこ高額でしたが、それ以外は「ほぼ0円」となっています。制度信用も検討の余地ありです。

最後に、挨拶文に恥ずかしい手抜きが・・・読んでみると、

謹啓 新緑の候・・・ん?「新緑?」、温帯の九州でさえ紅葉の時期なんだが?前回2月株主用の文書を使いまわしたのか?

株主優待の挨拶文など読まない人が多いかもしれませんが、作成者のやっつけ仕事がバレバレですね。差出人は「代表取締役」の外部向け文書、誰も点検しなかったのでしょうか?前回の文書の「日付」だけを書き換えたのでしょうね。OKを出した責任者は、一生の恥でしょう。

11月17日 追記

IRへ文書の文言についてお知らせ(16日夜)したところ、17日午前10時16分、IR担当の方よりお詫びとお礼のメールをいただきました。メールの内容については、「第三者への公開を禁止する」と記載がありますので伏せることにします。

以下のとおり、IRのトップに表示されています。よろしくない事案ではありましたが、適切に素早く対処がなされました。信頼できる企業ですね。(自社の不良品にも関わらず、このように対応が遅い企業もありますので)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする