モスフードサービス(8153)より株主優待が到着(11月15日)

3月9月期の優待銘柄です。権利日(9月30日)より1カ月半経過、11月15日郵便で届きました。

楽天証券の一般信用で1,000株クロス、優待券500円分を20枚(10,000円分)受け取りました。画像は2名分です。

スポンサーリンク

株主優待の内容

優待券

100株以上1,000円分を年2回
500株以上5,000円分を年2回
1,000株以上10,000円分を年2回
優待券

投資金額と配当金(優待内容の差)

投資金額

株価購入枚数投資金額
3,425円
100株342,500円
500株1,712,500円
1000株3,425,000円

グループ店舗 モスバーガー マザーリーフ マザーリーフティースタイル カフェ・レジェロ モスクラシック モスド ミアクッチーナ あえん シェフズブイ グリーングリル

  • 優待券の額は、1,000株までは保有株数に比例します。
  • ミスタードーナツも利用できるので飽きません。我が家では、年末にミスタードーナツの福袋を購入するようです。
  • 今回届いた優待券(9月期)の有効期限は、2018年9月30日となっています。約10カ月使用できます。

取得コスト他

  • 楽天証券で一般信用売り1,000株のコストは、貸株料4日で約2,500円でした。今回9月期の権利付き最終日は火曜だったので、貸株料は4日が最短です。
  • 10,000円の優待券を得るコストは約2,500円、建てるには大きな余力も必要で効率的な優待とは思えませんが、ミスド好きの家族がいるので・・・
  • 制度信用でクロスした場合を確認します。ここ数年の逆日歩は2円前後で落ち着いています。2017年9月の逆日歩は1.95円でした。配当収入については、1株配当は13円、1,000株分の12%は1,560円。一般信用のクロスが短期間で済むようであれば、敢えて制度信用で逆日歩のリスクを取るメリットは小さいと判断しています。(配当利回りが3%程度あれば、制度信用も真面目に考えるんですが・・・)
  • 3月9月は欲しい優待が多くキャッシュが足りません。一方、あまりにも競争率が高い銘柄ばかりを狙うと、何も取れずに在庫切れになってしまします。3月9月は作戦(計画)や注文速度(素早い操作)も大切ですね。
アンケート

争奪戦でどの程度取れていますか?

結果を見る

読み込み中 ... 読み込み中 ...
ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

株主優待日記
スポンサーリンク
カーボをフォローする
投資のすすめ

コメント