吉野家ホールディングス (9861)より株主優待品が到着(11月9日)

スポンサーリンク

8月期の優待銘柄です。権利日(8月末日)より約2カ月半が経過、11月9日に郵便で優待品が届きました。届いた優待食事券を見た妻は、「今晩は吉牛でいいね?」と子供に確認すると、大喜びの子供を車に乗せて吉野家に行ってしまいました。(牛丼だけでは物足らず、マクドナルドでハンバーガーも・・・)

保有株数によりサービス券の枚数が違いますが、100株以外は優待利回りが下がります。今回私は100株保有ですので、3000円相当(300円×10枚)のサービス券です。100株を長期ホールド中で、実は8月に一般信用で1900株クロス(チキンな私は、ミスターワタナベさんのように制度信用でクロスする勇気はありません)を考えていましたが、うっかり注文を忘れていました。当然、気が付いた時には「在庫なし」でした(苦笑

店舗の利用が難しい場合は、少々割高にはなりますがサービス券10枚(3000円相当分)で牛丼の具6食分と引き換え可能です。

100株以上 10枚
1,000株以上 20枚
2,000株以上 40枚

現在の株価(ヤフーファイナンス)は1900円。優待利回りは3.16%と優秀ですが、今年の配当予想は20円、予想配当利回りは1.05%と決して高いとは言えない水準です。「株主優待+配当」の利回り合計は4%を超えていますので、桐谷さんの物差しでは十分合格ラインに入るでしょう。

指標やバランスシート・キャッシュフローを見ると、キャッシュは十分、稼ぎもありますので突発的な出来事がない限りは問題ないと判断しています。ただ、ここから買いに向かうのはPER58.4ではチョットばかり・・・

過去には会社更生法のお世話になりました。BSEにより米国産牛肉の調達が不可能となり、牛丼が消えたこともありました。このようなことが起こるのも外食産業、急速な成長は困難だとしても末永く美味しい牛丼を食べたいものです。 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする