マクドナルドHD(2702)高額逆日歩19800円の恐怖

2017年6月の権利確定日を通過しました。マクドナルド(2702)は一般信用でクロスしていましたので、現渡も済ませて無事に予定通りのコストで優待獲得完了です。

確定日前日でもSBI証券では一般信用の枠がありました。あれ?人気ないの?もしかして制度信用クロスの大勝利?とも思いましたが、逆日歩の確報をみて笑っちゃいました。MAXではないものの、なんと198円!悲惨だった2014年12月の180円を超えてます。

(* ̄ノ ̄)/Ωチーン (* ̄- ̄)人 i~ 合掌

100株制度クロスなら19,800円、500株なら99,000円!優待券1冊の価値を4,000円としても焼け石に水、定価の5倍で優待券を買った計算です。一般信用の貸株残や貸借倍率(信用倍率)は、逆日歩の予想にはあまり参考にならないことがよくわかります。

ただ、前日の時点で株不足が積みあがっていますし、最高料率を見ると注意喚起も出ています。その上で制度信用で売ったのならば、MAXの覚悟もあってのことでしょう。(データは96ut.comさんよりいただきました)


制度信用は金利も安く運よく逆日歩を回避できれば最高ですが、マクドナルドのような人気の優待銘柄を制度クロスしていると、間違いなくそのうち被弾します。一般信用で1週間ほど500株クロスすると、コストは高く見積もって3,000円程度です。今回の逆日歩の1/33、制度信用売り1度の被弾は、一般信用売り16年分のコストと同等です。

1冊が19,800円(手数料や金利は含まず)の優待券、1冊は6枚つづり(6食分)ですから、ハンバーガー+サイドメニュー+ドリンクのセットメニュー1食のコストは3,300円です。今回被弾した投資家は3か月後の9月に優待券が届き、この優待券を使うたびに、マクドナルドでハンバーガーを食べるたびに、「1食3,300円」という面白くない事実を思い出すことでしょう。小心者の私は、優待券を見るだけで食欲がなくなりそうです。

一般で売って逆日歩0だと損をした気分になりますが、一般信用の貸株料は「保険料」と思うと高くはありません。権利確定日付近でヒヤヒヤすることもありません。危険性を正しく認識した上での制度売りは「あり」ですが、初心者のうちは特に注意が必要です。

私のルールでは、マクドナルドの優待については、「一般売りが取れなかった場合は素直にあきらめる。制度売りは考えない」としています。今回の逆日歩を見て、一時的な感情に左右されることなく自分のルールを継続しようと再認識した次第です。

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

株主優待投資一般
スポンサーリンク
カーボをフォローする
投資のすすめ

コメント